Domaine de Clovallon

   Languedoc Berarieux  11 ha biodynamique  nature
ドメーヌ・クロヴァロンは、カトリーヌ・ロックによって南仏に創設された小さなドメーヌです。建築家をしていたカトリーヌは、1985年にラングドックのAOCフォジェールの北隣の村Bedarieuxベタリューに畑付きの自宅を購入。独学でブドウ栽培とワイン造りに乗り出しました。ドメーヌの畑は標高250~400メートルの高地にあり、ラングドックでも冷涼なミクロクリマで、畑は北向きの緩やかな斜面に位置していました。このため、ドメーヌの畑には南仏の品種よりも、冷涼は気候の品種が向くと直感したカトリーヌは、ピノ・ノワール、シャルドネ、ヴィオニエ、リースリングなどを植樹していきました。特に、ピノ・ノワールは1989年にカトリーヌ・ロックがラングドックで初めてピノ・ノワールを植樹して栽培を始めました。クロヴァロンでは設立当初よりビオロジックを実践し、その後、完全なビオディナミへと移行。現在は全ての畑でデメテールの認証を受けています。

   

Les Pomarèdes

レ・ポマレード
IGP pays de l’Herault
ピノ・ノワール100%
 
早朝に手摘みで収穫したブドウを畑と醸造所で各1回ずつ選果。除梗せずに100%全房で発酵。ブドウに付着している野生酵母のみで、円錐形の木製の発酵槽で発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。マセラションはアンフュージョンでソフトに行う。圧搾後、引き続き木製の円錐形のタンクでマロラクティック発酵と熟成。熟成中はバトナージュも澱引きを行わず、無清澄・無濾過で瓶詰め。2019年物の収穫日は9月22日。2019ヴィンテージは、熟成中の試飲で、酸化しそうな兆候があったため、ネガティブな反応が出ることを避けるために、例外的にSO2をマロ発酵後に40mg /Lのみ添加。2021年7月時点でのSO2トータルは91mg /L
 
 

  

    

Les Indigènes

レ・ザンディジェーヌ
IGP pays de l’Herault
品種:約200年前に植樹された15種以上の地場品種が栽培されるクロから、フィールド・ブレンドで醸造された特異なキュヴェ。
 
レ・ザンディジェンヌは、ドメーヌがあるベタリューの町を見下ろす丘の頂にある1haに満たないクロの畑から生まれる。石垣と果物の木によって人目から遮断されたこのクロには、約200年前に植樹された15種類以上の地場品種が、黒も白もグリ系ブドウも全て混植された状態で栽培されています。そして、自根のブドウ木も多く含まれています。品種が特定されていなかった昔のままに、フィールドブレンドで、全ての品種が一緒に収穫され、一緒に醸造されます。発酵は野生酵母のみでステンレスタンで行い、小樽(新樽は用いない)で熟成。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。マセラションはアンフュージョンでソフトに行う。熟成後、無清澄・無濾過、SO2も無添加で瓶詰め。2019年物の収穫日は9月27日。総生産量は8,500本。2021年7月時点でのSO2トータルは11mg /L

 
  

 

Les Aurièges

レ・ゾリエージュ
IGP pays de l’Herault
リースリング65%、クレレット・デュ・ラングドック15%、ヴィオニエ10%、プティ・マンサン&プティット・アルヴィーヌ10%(畑でフィールド・ブレンドされるため、厳密な比率はドメーヌでも不明だそうです)
 
手摘みで収穫したブドウは全ての品種をブレンドして地中に埋めたアンフォラでブドウに付着している野生酵母のみで発酵。引き続き11ヶ月間の長期のマセラションと熟成。この間にマロ発酵は完全に実施。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。無清澄・無濾過で、SO2も無添加で瓶詰め。2019年物の収穫日はリースリング9/17、ヴィオニエ9/23、プティ・マンサン&プティット・アルヴィーヌ9/23、クレレット・デュ・ラングドック9/27。総生産量は1,300本。SO2はマロ発酵後に20mg /Lのみ添加。2021年7月時点でのSO2トータルは25mg /L

  

  

Pinot Noir

ピノ・ノワール
IGP Pays d’oc
品種:ピノ・ノワール100%
 
早朝に手摘みして収穫したブドウを畑と醸造所で各1回ずつ選果。除梗せずに100%全房で、ブドウに付着している野生酵母のみでステンレスタンクでアルコール発酵。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。圧搾後、228リットルのバリックに移してマロラクティック発酵と熟成。熟成中はバトナージュも澱引きを行わず、無清澄・無濾過で瓶詰め。
2019年物の収穫日は9月16日。総生産量は7千本。SO2は瓶詰めに2mg/Lのみ添加。2021年2月16日時点でのSO2トータルは16mg /L

  

  

Les Aires

レ・ゼール
IGP Pays d’oc
品種:ヴィオニエ100%
 
早朝に手摘みで収穫したブドウを畑と醸造所で各1回ずつ選果。完全に除梗をして4日間マセレーションを行った後、圧搾してブドウに付着している野生酵母のみでアルコール発酵。発酵前半はステレンスタンクで行い、発酵後半に228リットルのオーク樽に移す。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。その後、引き続きオーク樽でマロラクティック発酵と熟成。マロ発酵は自発的に行い、熟成はシュール・リーの状態で実施。熟成後、無清澄・無濾過で瓶詰め。
2019年物の収穫日は9月24日。総生産量は3,500本。SO2はバリックに移す際に2mg/L、瓶詰め時に1mg/Lのみ添加。2021年2月16日時点のSO2トータルは39mg /L