Château des Fougeres


 シャトー・ド・フジェールは、政治の三権分⽴を提唱した『法の精神』の著者として有名なモンテスキューの子孫が代々所有してきた、とても歴史あるグラーヴのシャトーです。畑はガロンヌ河によってもたらされた、粘土、砂質、砂利と粘土、砂と小岩など多様性のある土壌で構成されています。栽培方法はリュット・レゾネで、3.5ヘクタールで白ワイン用のセミヨンとソーヴィニョン・ブランが栽培されています。

厳格なリュット・レゾネ

   
 

Château des Fougeres Rouge 2009

シャトー・デ・フジェール 赤
AOC Graves
品種:メルロー100%
 
シャトーから2019年に蔵出しされた2009年物のバックヴィンテージ。
ラ・レゾンはシャトーで造られるグラン・ヴァン“シャトー・デ・フジェール”のセカンド・キュヴェ。 
手摘みで収穫したブドウを、ステンレスタンクでアルコール発酵とマセレーション。その後、引き続きシュール・リーの状態で10ヶ月熟成させて瓶詰め。
 
 

  

   
 

Château des Fougeres

シャトー・デ・フジェール
AOC Graves
品種:ソーヴィニョン・ブラン75%、セミヨン25%
 
 
収穫は手摘みで、清潔で完熟したブドウのみを収穫するために、数日から1週間かけて完熟したブドウのみを摘み取って行く。収穫ブドウは小さな籠で醸造所まで運び、空気圧圧搾機で圧搾。低温で前清澄。その後フレンチバリックで発酵を行い、その後、引き続きシュール・リーの状態で、バリックで10ヶ月熟成させて瓶詰め。収量30ヘクトリットル。総生産量:1万4千本