I Cangianti

  
Vino Nobile di Montepulciano  4ha   bio  nature
イ・カンジャンティは、ウンブリアとトスカーナの境界に誕生したユニークなワイナリーです。ワイナリーを運営するMatteo & Luca Stoppininマッテオとルカのストッピーニ兄弟は、まだ22歳と20歳。学校でブドウ栽培やワインについて学んだことはなく、別の分野の勉強をしていました。しかし学業を修めた後、オフィスで働くよりも自然の中で自然と触れ合って働きたいと思い、家族と共に2019年にワイナリー設立し、全くゼロからスタートしました。二人は、イタリアで数多く行われるワインのイベントに参加してワインを味わってみたものの、気分が悪くなることが多く、それで、誰もが味わえるナチュラルワイン造ろうと思い立ったのだそうです。二人は、祖父母が造っていた古き良き自然なワインを現代に蘇らせたいと思い、祖父母から受け継いだ伝統と教えを現代にアジャストさせてナチュラルワイン造りを始めました。

   

Confine

コンフィオーネ
VINO BIANCO
サン・コロンバーノ100%
 
手摘みで収穫したブドウを数日間スキンコンタクト。その後、圧搾してステンレスタンクで野生酵母のみで発酵。SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。引き続き、タンクで自発的なマロ発酵と熟成。熟成後、無清澄、ノンフィルター、SO2も無添加で瓶詰め。 
2019ヴィンテージの総生産量は4,000本。アルコール度数は10.5度。2021年1月時点のSO2トータルは8mg/l

  

   

Ambiguo

アンビクオ
VINO ROSSO
プリニョーロ・ジェンティーレ50%、サン・コロンバーノ50%
 
黒ブドウ、白ブドウ混醸キュヴェ。手摘みで収穫したプリニョーロ・ジェンティーレのブドウとサン・コロンバーノのブドウを、手作業で除梗した後、二つのブドウを一緒にステンレスタンクで野生酵母のみで自然に発酵させる。SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造する。マセレーションは足による櫂入れ。必要であればポンピングオーバーを行う。バスケットプレスによる手動での圧搾後、タンクで自発的なマロ発酵と熟成。熟成後、無清澄、ノンフィルター、SO2も無添加で瓶詰め。
2019ヴィンテージの総生産量は4,000本。アルコール度数は12度。2021年1月時点のSO2トータルは12mg/l

  

   

Promiscuo

プロミスコ
VINO ROSSO
プリニョーロ・ジェンティーレ50%、ガメィ・デル・トラジメーノ(グルナッシュ)50%
 
手摘みで収穫したプリニョーロ・ジェンティーレのブドウとガメィ・デル・トラジメーノのブドウを手作業で除梗し、二つのブドウを一緒にステンレスタンクで野生酵母のみで自然に発酵させる。SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造する。マセレーションは足による櫂入れ。必要であればポンピングオーバーを行う。バスケットプレスによる手動での圧搾後、タンクで自発的なマロ発酵と熟成。熟成後、無清澄、ノンフィルター、SO2も無添加で瓶詰め。
2019ヴィンテージの総生産量は4,000本。アルコール度数は13度。2021年1月時点のSO2トータルは14mg/l

  

   

Murato

ムラート
VINO ROSSO
プリニョーロ・ジェンティーレ100%
 
手摘みで収穫したブドウをステンレスタンクで野生酵母のみで自然に発酵。SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造する。マセレーションは足による櫂入れ。必要であればポンピングオーバーを行う。手動での圧搾後、タンクで自発的なマロ発酵と熟成。熟成後、無清澄、ノンフィルター、SO2も無添加で瓶詰め。
2019ヴィンテージの総生産量は2,000本。アルコール度数は10度。2020年1月時点のSO2トータルは11mg/l。