LOUIS MAURER

 
  Alsace Eichhoffen  3 ha biodynamique
ルイ・モーラーは1996年生まれ。今年23歳になるアルザスでも最も若い世代のヴァン・ナチュールの造り手です。彼はルファックRouffachの醸造学校でBTS(醸造栽培上級技術者のディプロマ)を取得。在学中にマルク・クライデンヴァイスとドメーヌ・セルツで研修し、ビオロジック農法のワインへの影響の重要性を学びました。高校卒業後はルカ・リーフェル(カトリーヌ・リスが醸造所を間借りしているドメーヌ)の下で1年半修行し、ヴァン・ナチュールについて実践で学びました。2016年から実家のドメーヌに参画。当時わずか20歳ながら、家族のワインとは別に、自身の名で4種類のヴァン・ナチュールを醸造しました。



 

100% Pinot Noir

100% ピノ・ノワール 
AOC Alsace
品種:ピノ・ノワール100%
 
手摘みで収穫したブドウを全房で、野生酵母のみでブドウ以外には何も加えず、SO2も添加せずに自然に発酵。14日間のマセレーション。発酵終了後シュール・リーの状態で翌年の春まで熟成。無清澄・ノン・フィルター、SO2も無添加で瓶詰め。
2018ヴィンテージの総生産量は4,800本。2019年11月末時点のSO2トータルは12mg /L

 

 


  

   



 

Riesling Lerchenberg

リースリング レルシェンベルグ 
AOC Alsace
品種:リースリング100%
 
手摘みで収穫したブドウをソフトにゆっくりと圧搾し、フードル・アルザスシエンヌで野生酵母のみでブドウ以外には何も加えず、SO2も添加せず自然に発酵。発酵終了後、シュール・リーの状態で翌年の9月まで熟成。無清澄・ノンフィルターで瓶詰め。
SO2は瓶詰め時にごく少量のみ添加。2018ヴィンテージの総生産量は1,860本。2019年11月末時点のSO2トータルは32mg /L

 

 


  

   



 

Pinot Gris Duttenberg

ピノ・グリ デュッテンベルグ
AOC Alsace
品種:ピノ・グリ100%
 
手摘みで収穫したブドウをソフトにゆっくりと圧搾し、フードル・アルザスシエンヌで野生酵母のみでブドウ以外には何も加えず、SO2も添加せずに自然に発酵。発酵終了後、シュール・リーの状態で翌年の9月まで熟成。無清澄・ノンフィルターで瓶詰め。
SO2は瓶詰め時にごく少量のみ添加。2018ヴィンテージの総生産量は1,680本。2019年11月末時点のSO2トータル38mg /L

 

 


  

   

 
 

L’étrange Orange

レトランジェ オレンジ
AOC Alsace
品種:ゲヴェルツトラミネール100%
 
手摘みで収穫したブドウを全房で果皮とともに12日間マセレーション。ステンレスタンクで野生酵母のみでブドウ以外には何も加えず、SO2も添加せずに自然に発酵。発酵終了後、シュール・リーの状態で翌年の春まで熟成。無清澄・ノンフィルターで瓶詰め。
SO2は瓶詰め時にごく少量のみ添加。2018ヴィンテージの総生産量は3,750本。2019年11月末時点のSO2トータルは23mg /L

 

 


  

   

 
 

Retour aux Sources

ルトゥー・オー・スルス
AOC Alsace
品種:ピノ・グリ50%、リースリング50%
 
ブドウは手摘みで収穫。ピノ・グリのブドウを果皮ごとリースリングの果汁に漬け込み、約12日間のマセレーションを施す。その後、圧搾して、野生酵母のみでブドウ以外には何も加えず、SO2も添加せずに自然に発酵。発酵終了後、シュール・リーの状態で翌年の8月まで熟成。無清澄・ノンフィルターで瓶詰め。SO2は瓶詰め時にごく少量のみ添加。
2018ヴィンテージの生産量は1,200本。2019年11月末時点のSO2トータル34mg /L

 

 


  

   

 
 

Pure Souche

ピュール・スーシュ

AOC Alsace
品種:シルーヴァーナー50%、ピノ・グリ25%、リースリング15%、ゲヴュルツトラミネール10%
 
手摘みで収穫したブドウをソフトにゆっくりと圧搾し、フードル・アルザスシエンヌで野生酵母のみでブドウ以外には何も加えず、SO2も添加せず自然に発酵。発酵終了後、翌年の春にアッサンブラージュ。その後、フードル・アルザスシエンヌでシュール・リーの状態で翌年の8月まで熟成。無清澄・ノンフィルターで瓶詰め。
SO2は瓶詰め時にごく少量のみ添加。
2018ヴィンテージの総生産量は2,800本。2019年11月時点のSO2トータルは29mg /L

 

 


  

   

 
 

Crémant d’Alsace

クレマン・ダルザス

AOC Alsace
品種:ピノ・ブラン70%、リースリング20%、ピノ・ノワール10%
 
ベースワインは野生酵母のみで、ブドウ以外には何も加えず、SO2も添加せずに自然に発酵。マロ発酵も自然に実施する。2017年3月にティラージュ。30ヶ月の瓶内二次発酵とマチュラション・シュール・リーの後、2019年9月にデゴルジュマン。SO2はマロ発酵の前に20mg/l添加するのみ。その後は瓶詰め時もデゴルジュマンの際も添加はしない。
リザーブワインの比率は25%。ラベル表記はエクストラ・ブリュットになっていますが、ノザージュはゼロ。2019年11月時点のSO2トータルは10mg /L