Maison Boîteau


メゾン・ボワトーは2014年に、シャトー・マルゴー現栽培長ジュリアン・ボワトーによって設立されました。メゾンの目的はボルドーに隣接するシャラント地方の石灰岩の丘陵斜面で栽培されたブドウから偉大なグラン・ヴァンを造ること。2014ヴィンテージからワイン造りを始めた新進気鋭のメゾンですが、既に本国のブリストル、クラレンス トゥール・ダルジャンなどのグラン・メゾンで採用されている他、カーブ・ルグランやタイユヴァンなども取り扱いを始めています。

ビオディナミ

   
 

Chardonnay Le Bruleau

シャルドネ ル・ブリュロー
IGP Charentais
品種:シャルドネ 100%
 
手摘みで収穫し、その場で選果したブドウは潰れないように、容量5キロの小さなケースで醸造所まで運搬。破砕も除梗も行わずに、空気圧圧搾機で全房のままソフトにゆっくりとプレス。その後24時間軽く清澄させて良質な澱のみを残したまま、定温に温度管理されたセラーで容量228リットルのブルゴーニュ・バリックでゆっくりと発酵させる。新樽比率は20%。発酵終了後引き続きバリックで澱とともに13~16ヶ月間熟成させる。マロ発酵は部分的に施す。無清澄・無濾過で瓶詰め。2017ヴィンテージ総生産量2,600本。
  

  

   
 

Merlot Le Taillis

メルロー ル・タイイ
IGP Charentais
品種:メルロー 100%
 
手摘みで収穫し、その場で選果したブドウは潰れないように、容量5キロの小さなケースで醸造所まで運搬。ブドウは破砕せずに除梗して、定温に温度管理されたセラーで、オープントップのステレスタンクで発酵させる。15日前後のキュヴェゾンの前半は1日1回の櫂入れ、後半は1日1回のポンピングオーバーを施す。その後、ブルゴーニュ・バリックで12~18ヶ月間熟成。新樽は用いない。無清澄・無濾過で瓶詰め。2017ヴィンテージは総生産量800本