Maison Boîteau

 
 
  Saint-Fort-sur-Gironde  1.3 ha bio
メゾン・ボワトーは2014年に、シャトー・マルゴー現栽培長ジュリアン・ボワトーによって設立されました。メゾンの目的はボルドーに隣接するシャラント地方の石灰岩の丘陵斜面で栽培されたブドウから偉大なグラン・ヴァンを造ること。メゾンでは栽培区画0.06~1haの小さな区画のみを選んでいます。このため手掛けるのは総生産量が800~3000本のミクロキュヴェのみ。ボワトーは、ディテールにこだわって、一年を通してメゾンのスタッフが栽培を厳格に管理し、リュー・ディを表現したオート・クチュールなワイン造りを行っています。手掛けているのはシャルドネとメルローの2種類のキュヴェのみ。ワイン産地としては過小評価されているシャラント地方ですが、シャンパーニュと同じ素晴らしい白亜の土壌が広がり、厳格に畑を選別すれば偉大なグラン・ヴァンが生まれることを証明してくれる味わいです。

 

Chardonnay Le Bruleau

シャルドネ ル・ブリュロー
IGP Charentais
品種:シャルドネ 100%
 
手摘みで収穫し、その場で選果したブドウは潰れないように、容量5キロの小さなケースで醸造所まで運搬。破砕も除梗も行わずに、空気圧圧搾機で全房のままソフトにゆっくりとプレス。プレス時間は約3時間半。その後24時間軽く清澄させて良質な澱のみを残したまま、定温に温度管理されたセラーで容量228リットルのブルゴーニュ・バリックでゆっくりと発酵させる。発酵終了後引き続きバリックで澱とともに13~16ヶ月間熟成させる。マロ発酵は自然に任せる。無清澄・無濾過で瓶詰め。
2019ヴィンテージは9月12日に収穫。新樽比率は15%。マロ発酵は行われず、熟成期間18ヶ月。2021年4月に瓶詰め。総生産量3,000本。アルコール度数は14度。

   
  

   

Merlot Le Taillis 

メルロー ル・タイイ
IGP Charentais
品種:メルロー 100%
 
手摘みで収穫し、その場で選果したブドウは潰れないように、容量5キロの小さなケースで醸造所まで運搬。ブドウは破砕せずに除梗して、定温に温度管理されたセラーで、オープントップのステレスタンクで発酵させる。15日前後のキュヴェゾンの前半は1日1回の櫂入れ、後半は1日1回のポンピングオーバーを施す。その後、ブルゴーニュ・バリックで12~18ヶ月間熟成。新樽は用いない。無清澄・無濾過で瓶詰め。
2019ヴィンテージは9月28日に収穫。熟成期間18ヶ月。2021年4月に瓶詰め。総生産量900本。アルコール度数は15度。