Matunei


 マトゥネイは2015年に誕生した小さなファームです。ブドウの他に、オリーヴオイルや古代小麦やライ麦などを栽培しています。アルベルト・ブリニョーロと妻のカルラは、四季の移ろいの中で仕事と人間が密接に絡み合っていた古来の仕事を通して、現代人が忘れてしまった人生の瞬間を取り戻しながら、持続可能な農業の新しい形態を再発見したいという想いから、それまでしていた仕事を辞めて、人口100人に満たない小さな村アルフィアーノ・ナッタに移住し、カルドナの丘の耕作放棄地と古いブドウ畑を引き継いで農業を始めました。二人は、地場のローカル品種を栽培して、ナチュラルワインを造っています。栽培はビオディナミの手法も取り入れたビオロジックで、醸造面でも添加物は一切使わずに、野生酵母で発酵を行っています。

ビオロジック

   
 

Bagardo R

バガルド (リゼルヴァ)
VINO ROSSO
ネッビオーロ100%
 
手摘みで収穫したブドウを完全に除梗して、ステンレスタンクで野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造する。果皮浸漬の期間は2週間前後。この間、1日1回の櫂入れを行う。ポンピングオーバーは行わない。アルコール発酵終了後、大樽1/2、ステンレスタンク1/2でマロラクティック発酵と熟成。収穫翌々年の8月に無清澄・無濾過で瓶詰め。SO2は無添加。
2015ヴィンテージの生産量は1,100本。2019年11月末時点のSO2トータルは41mg/l。
 

  

   
 

Bagardo 

バガルド 
VINO ROSSO
ネッビオーロ100%
 
手摘みで収穫したブドウを完全に除梗して、ステンレスタンクで野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造する。果皮浸漬の期間は2週間前後。この間、1日1回の櫂入れを行う。ポンピングオーバーは行わない。アルコール発酵終了後、大樽1/2、ステンレスタンク1/2でマロラクティック発酵と熟成。収穫翌年の8月に無清澄・無濾過で瓶詰め。SO2は無添加。
2017ヴィンテージの生産量は2000本。2019年11月末時点のSO2トータルは22mg/l。
 

  

   
 

Dru

ドリュ 
VINO ROSSO
フレイザ100%
 
手摘みで収穫したブドウを完全に除梗して、ステンレスタンクで野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造する。果皮浸漬の期間は2週間前後。この間、1日1回の櫂入れを行うが、ポンピングオーバーは行わない。アルコール発酵終了後、引き続きステンレスタンクでマロラクティック発酵と熟成を行い、収穫翌年の8月に無清澄・無濾過で瓶詰め。SO2は瓶詰め前に限り、必要最小限のみ添加。
2017ヴィンテージの生産量は2000本。2019年11月末時点のSO2トータルは30mg/l。
 

  

   
 

VINO DI TUTTI

ヴィノ・ディ・トゥッティ 
VINO ROSSO
バルベーラ100%
 
手摘みで収穫したブドウを完全に除梗して、ステンレスタンクで野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造する。果皮浸漬の期間は2週間前後。この間、1日1回の櫂入れを行う。ポンピングオーバーは行わない。アルコール発酵終了後、引き続きステンレスタンクでマロラクティック発酵と熟成を行い、収穫翌年の7月に無清澄・無濾過で瓶詰め。SO2は無添加。
2018ヴィンテージの生産量は6,000本。2019年11月末時点のSO2トータルは19mg/l。
 

  

   
 

Mutabilis

ムタビリス ロゼ
 
VINO ROSATO
フレイザ100%
 
手摘みで収穫したブドウを完全に除梗して、ステンレスタンクで野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造する。アルコール発酵終了後、引き続きステンレスタンクで熟成させた後、収穫翌年の春に無清澄・無濾過で瓶詰め。SO2は圧搾時と瓶詰め時に限り、必要最小限のみ添加する。
2018ヴィンテージの生産量は1700本。2019年11月末時点のSO2トータルは53mg/l。