RAPHAELLE GUYOT

   Bourgogne Yonne 1ha bio
ラファエル・ギュイヨは今年29歳になるミレニアル世代のナチュラルワインの造り手です。高校卒業後、シャトー・ド・ベル、ラ・グランジュ・ティフェーヌ、シリル・ファル、ティボー・リジェ・ベレール、ニカ・バヒア (ジョージア) 、ラマズ・ニコラゼ(ジョージア)などで研鑽。並行してボーヌのCFPPAで栽培と醸造を修めました。ブルゴーニュ生まれのラファエルは、畑は所有していませんでしたが、自身でもナチュラルワインを造りたいと思い、2016年にコート・ド・ニュイのコンブランシアンにミクロネゴスを設立。そして購入したブドウから、一度限りのキュヴとして3種類の2016年のワインを造りました。その後、ヨンヌ県、シャブリの南東にあるTreignyトレニーの村に本拠を移しました。そして、2018ヴィンテージからは、新たに同じヨンヌ県のビオで栽培を行っている知人ドメーヌからブドウを購入して、生まれ故郷であるヨンヌ産にこだわったナチュラルワイン造りをしています。

 

L’Aurore

ロロール 
AOC Bourgogne Côtes d’Auxerre
品種:シャルドネ100%
 
手摘みで収穫したブドウをダイレクト・プレスして自然に清澄させ、バリックで野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。マロ発酵も自発的に行う。バリック(新樽は使わない)で7ヶ月熟成させた後、無清澄・無濾過で重力を利用して瓶詰め。SO2は圧搾と澱引きの際に必要最低限のみ添加。瓶詰め時は無添加。
2018ヴィンテージの生産量は1,870本。2020年1月末時点のSO2トータルは35mg/l。
 
  

   

 

L’Idylle

リディル
AOC Bourgogne Côtes d’Auxerre
品種:ピノ・ノワール100%
 
手摘みで収穫したブドウをタンクで野生酵母のみで自発的に発酵させる。40%は全房発酵。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造する。果皮浸漬はアンフュージヨン(煎じる)のみで、ピジャージュやルモンタージュなどの人為的介入は行わない。マロ発酵も自発的に行い、引き続きタンクで7ヶ月熟成させた後、無清澄・無濾過で重力を利用して瓶詰めする。SO2は澱引きと瓶詰め時に必要最低限のみ添加する。
2018ヴィンテージの生産量は1,536本。2020年1月末時点のSO2トータルは12mg/l。
 
  

   

 

La Valse

ラ・ヴァルス
AOC Saint-Bris
品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%
 
手摘みで収穫したブドウをダイレクト・プレスして自然清澄し、バリックとタンクで野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。マロ発酵も自発的に行い、引き続きバリック(新樽は使わない)とタンクで10ヶ月熟成させた後、無清澄・無濾過で重力を利用して瓶詰め。SO2は圧搾と澱引きの際に必要最低限のみ添加し、瓶詰め時は無添加。
2018ヴィンテージの生産量は2,100本。2020年1月末時点のSO2トータルは37mg/l。
 
  

   

 

Le Baiser

ル・ベゼ
AOC Irancy
品種:ピノ・ノワール100%
 
手摘みで収穫したブドウは完全に除梗し、タンクで野生酵母のみで自発的に発酵させる。酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。果皮浸漬はアンフュージヨン(煎じる)で20日間。この間には2回の櫂入れとルモンタージュのみで抽出は最小限にとどめる。その後、圧搾してバリック(新樽は用いない)に移して自発的なマロ発酵と熟成を行う。10ヶ月熟成させた後、無清澄・無濾過で重力を利用して瓶詰め。SO2は発酵の前に必要最低限添加するのみで、瓶詰め時は無添加。
2018ヴィンテージの生産量は1,500本。2020年1月末時点のSO2トータルは12mg/l。