Sebastien Fezas

   Sud-Ouest Gascogne  3 ha biodynamique  nature
2010年代に入りガスコーニュ地方でもワインの潮流は大きく進化しています。セバスチャン・フェザスは2012年に家業のドメーヌを引き継ぎ、ビオディナミを導入し2017年からナチュラルワイン造りを始めたガスコーニュ地方のナチュールの新星です。フランツ・ソーモンやベルトラン・ジュセ、レ・シェ・デュ・ポール・ドゥ・ラ・リュンヌなどのナチュラルワインの造り手達が大きな信頼を寄せており、毎年彼からブドウを購入しているネオ・ヴィニュロンでもあります。世界中でワイン造りを学んだセバスチャンは、今までにない南西地方のワインを手掛けています。産膜酵母で熟成させた南西版ヴァン・ジョーヌや海をイメージしたペットナット、プティ・マンサンのオレンジワインなど個性的なナチュラルワインが揃っており、エチケットデザインも毎年変えるなど新時代の感性も備えています。ナチュラルに敏感な北欧のデンマークやスウェーデン、英国、ベルギーなどのインポーターは既に彼のワインの輸入を始めています。
 

  

Marée Haute

マレ・オート
VDF
品種:シャルドネ70%、ユニ・ブラン30%
 
シャルドネは粘土石灰土壌の樹齢50年の古木の区画の、ユニ・ブランは粘土質土壌の若木の区画のブドウを手摘みで収穫。まずシャルドネをダイレクトプレスして野生酵母のみで内部コーティングしていないセメントタンクで自発的に発酵。その後、発酵中のシャルドネのマストの中に、同じくダイレクトプレスしたユニ・ブランの果汁を加えて、一緒に発酵を行う。SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。メトッド・アンセストラルで、アルコール発酵が完全に終了していないワインを残糖を残して瓶詰めする。瓶詰めは満月の時期に無清澄、無濾過で、SO2も無添加で実施。瓶内で完全にアルコール発酵を終了させた後、デゴルジュマンせずにリリース。総生産量3,000本。アルコール度数は12.1度。2021年4月時点のSO2トータルは2mg/l以下の検出限界値。

  

  

Partie Fine

パルティ・フィーヌ
VDF
品種:コロンバール85%、ユニ・ブラン15%
 
コロンバールは粘土石灰土壌の樹齢40年の古木の区画の、ユニ・ブランは粘土質土壌の若木の区画のブドウを手摘みで収穫。醸造は品種毎別々に行う。どちらの品種もダイレクトプレスした後、内部コーティングしていないセメントタンクで野生酵母のみで自発的に発酵。SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。その後、バトナージュは行わずにシュール・リーの状態で熟成。この間にマロ発酵は自発的に実施。瓶詰直前にアッサンブラージュして、無清澄、無濾過、SO2も無添加で瓶詰め。総生産量2,400本。アルコール度数は12.2度。2021年4月時点のSO2トータルは2mg/l以下の検出限界値。

  

  

La Baie

ラ・べ
VDF
品種:シラー100%
 
コートに位置する日当たりの良い真南向き斜面の粘土石灰質土壌の若木の区画のブドウを手摘みで収穫。ソフトに圧搾した後、低温でデブルバージュ。ステンレスタンクで野生酵母のみで自発的に発酵。SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。その後、シュール・リーの状態で熟成。マロ発酵はこの間に自発的に実施。熟成の最初の1か月はバトナージュを実施。無清澄も無濾過で瓶詰め。SO2は瓶詰め時2mg/lのみ添加。現行ロットは2017年の収穫ブドウ100%。総生産量4,200本。アルコール度数は11.8度。2021年4月時点のSO2トータルは38mg/l

  

  

Franche Lippée

フランシュ・リッペ
VDF
品種:シラー100%
 
コートに位置する日当たりの良い真南向き斜面の粘土石灰質土壌の区画のブドウを手摘みで収穫。1/3は除梗、2/3は全房で、ステンレスタンクで野生酵母のみでマセラション・セミカルボニック。発酵の最終段階で圧搾して、再びステンレスタンクに移して残りの発酵を終える。SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。引き続きステンレスタンクでシュール・リーの状態で熟成と自発的なマロ発酵。その後、無清澄、無濾過、SO2も無添加で瓶詰め。現行ロットは2020年の収穫ブドウ100%。総生産量5,000本。アルコール度数は13.3度。2021年4月時点のSO2トータルは5mg/l

  

  

La Voile

ラ・ヴォワル
VDF
品種:シャルドネ100%
 
粘土石灰土壌の区画のブドウを手摘みで収穫。新樽は用いずに、ダイレクトプレスした果汁を6~7年使用した樽で野生酵母のみで発酵。SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。その後、引き続き樽でシュール・リーの状態でバトナージュは行わずに熟成。マロ発酵はこの間に自発的に実施。ウイヤージュは行わずに、産膜酵母下で12ヶ月熟成。その後、無清澄、無濾過で、SO2も無添加で瓶詰め。現行ロットは2019年の収穫ブドウ100%。収穫日は9/2。2021年1月に瓶詰め。総生産量1,500本。アルコール度数は13.5度。2021年4月時点のSO2トータルは2mg/l

  

  

Virée Orange

ヴィレ・オランジュ
VDF
品種:グロ・マンサン100%
 
樹齢40年の古木の区画のブドウを手摘みで収穫。手作業で除梗した後、ステンレスタンクで約4週間果皮とともにマセレ-ションと発酵。その後、圧搾して発酵の続きを行う。さらにステンレスタンクでシュール・リーの状態で12ヶ月熟成。マロ発酵はこの間に自発的に実施。その後、無清澄、無濾過で、SO2も無添加で瓶詰め。現行ロットは2019年の収穫ブドウ100%。収穫日は10/15。2021年1月に瓶詰め。総生産量600本。アルコール度数は13度。2021年4月時点のSO2トータルは2mg/l以下の検出限界値。