Domaine de Clovallon


 クロヴァロンは、カトリーヌ・ロックによって南仏に創設された小さなドメーヌです。設立当初よりビオロジックを実践し、現在は全ての畑でビオディナミによるブドウ栽培を行い、全てのワインが厳格なデメテールの認証を受けています。全房発酵と野生酵母のみによるナチュラルな醸造を行い、南仏のワインでありながらフィネスと冷涼感、エレガントさを備えたブルゴーニュワインのスタイルで造られています。

ビオディナミ

   
 

Les Pomarèdes

レ・ポマレード
IGP de l'Hérault
品種:ピノ・ノワール100%
 
早朝に手摘みで収穫したブドウを畑と醸造所で各1回ずつ選果。除梗せずに100%全房で発酵。ブドウに付着している野生酵母のみで、円錐形の木製の発酵槽で発酵させる。醸造中はSO2も含めいかなるものも添加せずにナチュラルな醸造を行う。発酵温度は25~28度、発酵期間は約7日間。その後、2週間の果皮浸漬を施す。圧搾後、引き続き木製の円錐形のタンクでマロラクティック発酵と熟成。熟成中はバトナージュも澱引きを行わず、アッサンブラージュ後に無清澄で瓶詰め。2016年物の収穫日は9月21日。総生産量は4千本。収量は1ヘクタール当たり22ヘクトリットル。熟成期間は20か月。
 
 

  

   
 

Pinot Noir

ピノ・ノワール
IGP Pays d’oc
品種:ピノ・ノワール100%
 
早朝に手摘みして収穫したブドウを畑と醸造所で各1回ずつ選果。除梗は50%行い、除梗していないブドウと除梗したブドウを発酵槽の中に交互に敷き詰めてミルフィーユ状の層に敷き詰める「サンドイッチ」と呼ぶ手法を取っています。発酵はブドウに付着している野生酵母のみで行い、醸造中はSO2も含めいかなるものも添加せずにナチュラルな醸造を行っています。発酵は25~28度の低温で行い、発酵期間は約5日間。その後、10日間の果皮浸漬を施す。圧搾後、225リットルのバリックに移してマロラクティック発酵と熟成を行います。熟成中はバトナージュも澱引きを行わず、収穫翌年の春にアッサンブラージュを行って、無清澄で瓶詰め。2017年は、霜害により生産無。
 

  

   
 

Les Aires

レ・ゼール
IGP Pays d’oc
品種:ヴィオニエ100%
 
早朝に手摘みで収穫したブドウを畑と醸造所で各1回ずつ選果。除梗をした後、5日間の低温マセレーションを施す。その後、圧搾してブドウに付着している野生酵母のみで、2/3を新樽のバリックで、1/3をステレンスタンクで発酵を行う。醸造中はSO2も含めいかなるものも添加せずにナチュラルな醸造を行う。発酵温度は17~18度、発酵期間は約21日間。その後、引き続き新樽のバリック2/3とステレンスタンク1/3でマロラクティック発酵と熟成を行う。マロ発酵は完全に実施し、熟成はシュール・リーの状態で行う。熟成期間は9ヶ月間。瓶詰めの1ヶ月前に澱引きを行い、無清澄で瓶詰め。2017年は、霜害により生産無。
 

  

   
 

Les Indigènes

レ・ザンディジェーヌ
IGP pays de l’Herault
品種:約200年前に植樹された15種以上の地場品種が栽培されるクロから、フィールド・ブレンドで醸造された特異なキュヴェ。
 
レ・ザンディジェンヌは、ドメーヌがあるベタリューの町を見下ろす丘の頂にある1haに満たないクロの畑から生まれる。石垣と果物の木によって人目から遮断されたこのクロには、約200年前に植樹された15種類以上の地場品種が、黒も白もグリ系ブドウも全て混植された状態で栽培されています。そして、自根のブドウ木も多く含まれています。ドメーヌは所有者ではありませんが、フェルマージュ(小作契約)で、畑の栽培とワインの醸造を行っています。品種が特定されていなかった昔のままに、フィールド・ブレンドで、全ての品種が一緒に収穫され、一緒に醸造されます。発酵は野生酵母のみで大樽で温度管理を行わずに行い、熟成後は無清澄・無濾過で瓶詰めされます。レ・ザンディジェーヌとはフランス語で「原住民」を意味します。
 

  

   
 

Palagret

パラグレ
IGP pays de l’Herault
シラー80%、ピノ・ノワール20%
 
ブドウは完全に除梗。発酵はブドウに付着している野生酵母のみで行い、醸造中はSO2も含めいかなるものも添加せずにナチュラルな醸造を実施。シラーは2か月に及ぶ果皮浸漬。ピノ・ノワールは2週間の果皮浸漬。その後、ブレンドをしてバリックに移してマロラクティック発酵と熟成。熟成中はバトナージュも澱引きを行わず、無清澄で瓶詰め。
 

  

   
 

Les Aurièges

レ・ゾリエージュ
IGP pays de l’Herault
リースリング70%、ヴィオニエ15%、他
 
2016ヴィンテージからオレンジワインとしてリリースし始めたキュヴェ。
手摘みで収穫したブドウは全ての品種をブレンドして、ステンレスタンクでブドウに付着している野生酵母のみで発酵。引き続き11ヶ月間の長期のマセレーションと熟成。この間にマロ発酵は完全に実施。醸造中はSO2も含めいかなるものも添加せずにナチュラルに醸造。無清澄・無濾過で瓶詰め。SO2は瓶詰め時にのみ添加。
 

  

   
 

Pinot Noir Le Vallon

ピノ・ノワール ル・ヴァロン
Vin de France
品種:ピノ・ノワール100%
 
2017年はドメーヌのピノ・ノワールの区画が霜害でワインが生産できなかったため、クロヴァンロンの隣で同じビオディナミを実践する造り手からブドウを調達して、ドメーヌで醸造したキュヴェ。ブドウは完全に除梗。発酵はブドウに付着している野生酵母のみで行い、醸造中はSO2も含めいかなるものも添加せずにナチュラルな醸造を実施。発酵はステンレスタンクで25~28度の低温で行い、発酵期間は約5日間。その後、10日間の果皮浸漬を施す。圧搾後、引き続きステンレスタンクでマロラクティック発酵と熟成。熟成中はバトナージュも澱引きを行わず、収穫翌年の春にアッサンブラージュを行って、無清澄で瓶詰め。2017年物のブドウの収穫日は9月18日。総生産量は5千本。収量は1ヘクタール当たり30ヘクトリットル。